「生涯現役時代」の有望資格 エイジング・アドバイザー(R) - エイジング・アドバイザー(R)/世渡り指南師(R)養成講座

「生涯現役時代」の有望資格 エイジング・アドバイザー®

ライフプランセミナー

先日ある会社の50歳になった従業員とその配偶者を対象としたセミナーの講師として、「ライフプランにおけるキャリアプランの必要性」をテーマに話をしました。
セミナーは、セカンドライフまでのこれからの10余年、どのような意識を持ってビジネスとプライベートを送るのがよいのか、それを考えるきっかけとして頂くことを趣旨として開催されたものです。
実は私も54歳の時に勤務していた自動車メーカーが開催してくれたライフプランセミナーに参加しました。そのセミナーの趣旨は、これからは60歳定年後のことを考えなさい、そして定年後の準備を今から始めなさいというものでした。
セミナーで私が衝撃を受けたことは、「60歳から80歳までの20年間に、私どもが自由に出来る時間が10万時間あること。そしてその10万時間の長さは、これまで30数年間会社に拘束されてきた時間に匹敵するものである」ということでした。正に第二の人生があることを強く認識し、そのための準備をしなければと思い至りました。
そしてその日から私は「定年後を如何に過ごすか」についていろいろと模索を始めました。定年後の生き方に関する数々の著書を読んで見つけた、作家の邦光史郎氏が1978年に創めた「セカンドライフの会」に入会もしました。諸先輩たちがどのように生きがいを持って定年後を送っているかを実際に見聞し、参考にしようと思ったのです。同会で会社外の方々とのお付き合いも生まれ、現在も所属して事務局を担当しています。
私がこれまでの人生経験から、常日頃大切にしているものを列記すれば、健康、運動、食事、家族、経済基盤、勤労、交友、教養、好奇心、趣味、感謝、感動、共感そしてプラス思考などが挙げられます。
今月13日に参加した小学校のクラス会の集いには20名が出席しました。そこでは皆異口同音に健康が第一に大切であると話し合いました。その健康を保持するための一番の特効薬として、私は仕事を持つこと、世間のお役に立つ任務を持つことが必要ですと申し上げたい。
人生において仕事をすることの意義は非常に大きいと思います。仕事をすることでの責任感・緊張感、また業務を遂行して得る達成感・充実感、誉められ評価されることの喜びや満足感、更に仕事を通じて自己の成長や自己実現を図ること、また収入を得ることでの心のゆとりやより豊かな生活等仕事の効用は計り知れません。
労働力人口の減少が始まっている今日、人生における働くことの意義を十分認識し、変化の激しい今日の社会に対応していくために、生涯現役を目指すエイジング・アドバイザー講座を是非受講されるようお勧めいたしたい。

荒 隆文荒 隆文 (あら たかふみ) 満70歳
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
<<人生のコンサルタントは自分自身 | 生涯現役を実践するために(2) >>

カレンダー

<< 2019年 6月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別アーカイブ